ブログ ― 新着記事

まだ正式な日程は決まっておりませんが、7月から朝8時からオープン致します。当店の入口には立派なバンコ(カウンター)がございます。5年前の移転を機にバール文化をやりたいなと思い作って頂きました。当面の間8時から14時までBar,Forno,Pasticceria,Tavola Caldaという営業形態を考えております。将来的にはそのまま休憩時間無しで22時まで営業出来たらと思います。しばらくはディナータイムは今までと同じです。

随時決まり次第お知らせ致します

 

カテゴリー: ボッカからのご案内


第66回マグナム会のお知らせ

【Bocca del Vino通信 第66回Magnum会】
イタリアワインの文化とイタリアワイン酒場の楽しさを伝えたい
このメルマガを読むと、イタリアワインの文化とイタリアワイン酒場の楽しい世界が広がりきっと幸せがおとずれますよ。

2ヶ月お休みさせて頂いていたMagnum会を今月から再開致します。6月14日で15周年を迎えるにあたって、ボッカデルヴィーノとして初の周年パーティーでもしようと考えておりましたが、残念ながら中止になりました。どうも私が何かをしようとアクションを起こすと中止になる可能性大です。次回もし周年パーティーをすると致しましたら20周年で考えております(あるかなボッカ)。

予定していた周年パーティーは全てマグナムボトルで12本程で考えておりました。その内の白ワインの1本が今回のワイン”Nova Domus Riserva 2013/ Cantina Tarlan”です。公用語がイタリア語とドイツ語の両方のAlto Adige州にあるワイナリー。ドイツ語でテルランでイタリア語でテルラーノと呼ばれております。テルラーノ家の歴史は古く今でもホグワーツ城みたいな立派なお城にお住まいです。1893年からワイン造りを始められ、今では190haの畑でPrimo,Rarity,Selection,Traditionという4つのタイプのワインを造られております。今回はSelectionの中から唯一の混醸白ワインです。葡萄がピノビアンコ、シャルドネ、ソーヴィニョンブランです。30hlの大きな木樽でゆっくりとした発酵(一部ピノビアンコとシャルドネのみマロラクティック発酵)大樽で12ヶ月熟成後3ヶ月瓶熟成。

混醸白ワインの楽しみは温度によって変化する香りや味わいだと思います。

ボッカデルヴィーノもこれからも変化して喜んで頂ける様にと色々考えております。このMagnum会は毎回楽しみにされているお客様も沢山いらっしゃいますので、変わりなく続けて行こうと考えております。

Nova Domus Riserva 2013 / Cantina Terlano  1杯2000円

Pinot Bianco 60%,Chardonnay30%,Sauvignon10%
6月19日(金曜日)から23日(火曜日)までの5日間
土日祝日はランチも可能です
今回のマグナムワインも今後登場予定の無いワインです。有難い事に最近はご予約で売り切れておりますので、是非このご機会にご都合が合えば宜しくお願い致します。お取り置きのご連絡だけ頂けたら助かります。

カテゴリー: ボッカからのご案内


5月23日より営業再開しております

引き続きテイクアウトも行っておりますので、ご利用頂けたらと思います

カテゴリー: ボッカからのご案内


Magnum会のお知らせ

コロナウイルスで大変な時期ですが、マグナム会を19日から開催したいと思いますので宜しくお願い致します。
今回はトスカーナ州ピサ近郊のCastellina
Marittimaの生産者”Castello del Terriccio”の代名詞とも言うべきワイン”Lupicaia”です。トスカーナワインを面白く飲むなら大事になってくるのがエノロゴです。今回はCarlo Ferriniです。葡萄はカベルネソーヴィニョン85%メルロー10%プティヴェルド5%というボルドーブレンドです。マグナム会でCarlo Ferriniのワインは何度か登場しております。最近ですと2019年1月のFonterutoliのSiepiですね。2018年10月のTrentinoのSan Leonardoも2000年からGiacomo Tachisから引き継いでおります。エノロゴはシェフみたいな感じですので、葡萄はそれぞれでも樽の使い方やアッサンブラージュの手法などの根本的な考えが同じだと思います。San Leonardoと比較的セパージュが似ておりますので、比較試飲すると面白いと思います。
今回のLupicaiaは最大4週間かけてのマセレーション、スチールタンクによるマロラクティック発酵、14〜18ヶ月かけてのバリック(アリエ産)による熟成が実施。こう書くとスーパータスカンの濃ゆい赤ワインを想像すると思いますが、セカンドワインのTassinaiaよりもフルーティーな感じで綺麗な仕上がりになっていると思います。
Lupicaia 2000 / Castello del Terriccio 1杯2000円
3月19日(木曜日)から22日(日曜日)までの4日間
土日祝日はランチも可能です
今回のマグナムワインも今後登場予定の無いワインです。有難い事に最近はご予約で売り切れておりますので、是非このご機会にご都合が合えば宜しくお願い致します。お取り置きのご連絡だけ頂けたら助かります。

 

 

カテゴリー: ワインの話


Magnumのお知らせ

今年はライヴ年間として目標を立てておりまして、色々なスポーツやイベントなどを生で肌で感じたいと思っております。土日のランチは時々休む場合とかもございますのでご了承下さい。

2月のマグナム会のお知らせです。マグナム会の土日祝日のランチは必ず営業しておりますので、どしどしお越し下さい。

2月は2回開催したいと思います

前半はシチリアの白ワインです。1996年から市場進出と若い造り手ながらも抜群の安定感を武器にあれよあれよの間に有名になり、日本人にも沢山ファンのいるPlanetaのChardonnayです

一番最初に飲んだのが公称ファーストヴィンテージの1996年で、当時インポーターの営業の人が是非試飲してくださいと持ち込まれ、あまりに美味しくて衝撃を受けエチケッタを今でも大事に持っております。彼らの成功により今では様々な生産者がシチリアワインの可能性を探り、そしてイタリアでも一番注目させる地域となっております。

今回は2007年ヴィンテージとなっております。樽を使用した濃いシャルドネですので、少し落ち着いて飲み頃かと思われます。

2月7日(金曜日)から11日(火曜日)までの5日間

Chardonnay 2007/ Planeta

後半はブルネッロ ディ モンタルチーノです。今回はブルネッロの伝統的な味を知りたいという方にお勧めなCapannaという造り手です。コンソルツィオ創立のメンバーで創業は1957年です。40〜45hlの木製タンクで発酵させ、熟成は30hl前後のスロヴェニアンオークで36〜40ケ月という伝統的な醸造をずっと続けておられます。

今回のヴィンテージは1990年。言わずと知れたブルネッロ(イタリア全土)ビックヴィンテージです。エレガントなワインが好きな方には喜んで頂けるブルネッロだと思います。昨年のBenvenuto Brunelloにも出品されておりましたが、一番口聞いてくれました。その時出品されていたRosso di Montalcino 2016/ Capannaがサンジョヴェーゼやっぱり旨いなぁと思い昨年の夏にグラスワインでもご提供しておりましたので、ご存知なお客様も多いと思います。30年熟成ブルネッロのマグナムボトルは幸せな食卓のお供に最高だと思いますので、是非このご機会にご試飲くださいませ

2月20日(木曜日)から24日(月曜日)までの5日間

Brunello di Montalcino 1990/ Capanna

土日祝日はランチも可能です
今回のマグナムワインも今後登場予定の無いワインです。有難い事に最近はご予約で売り切れておりますので、是非このご機会にご都合が合えば宜しくお願い致します。お取り置きのご連絡だけ頂けたら助かります。

 

カテゴリー: ワインの話


猪も1月メニューのお勧めです

定番の頰肉とバラの煮込み

メンチカツも作ってみました

カテゴリー: 料理


Magnum会のお知らせです

【Bocca del Vino通信 第62回Magnum会】
イタリアワインの文化とイタリアワイン酒場の楽しさを伝えたい
このメルマガを読むと、イタリアワインの文化とイタリアワイン酒場の楽しい世界が広がりきっと幸せがおとずれますよ。

2020年最初のマグナム会のお知らせです。

造り手はトスカーナのキャンティ地区南東部Gaiole in Chiantiに拠点を置いている”Capannelle”です。Magnum会では一度50&50で登場した造り手です。今回のワインは2000年のミレニアム記念でマグナムボトルだけで造られた”Il Duemilla Vino da Tavola”になります。実はこのワインMagnum会で2回目なのです。Magnum会皆勤賞のお客様でもそんなの知らん知らんとなるのも無理もないですが、このワインがリリースされたのが1999年で正規輸入元がフードライナーさんでした。長岡京時代の2000年に正月2日から営業したのですが、お祝いも兼ねて3日間限定でグラスワインで提供させていただきましたが、全く売れなかった記憶がございます。ほとんどスタッフ達で試飲しました(あかんやん)。

あれから20年というタイミングでの開催、皆様のお越しお待ち申し上げております。

2000年というワインですが、カパンネッレお得意の色々なヴィンテージのブレンドです。1990年から1995年までのサンジョヴェーゼ80%と1995年のカベルネソーヴィニョン20%。フランス産バリックで14ケ月熟成。

カパンネッレには2度伺っております。小さな田舎町にポツンとあるのですが、今では色々なワイナリーが豪華な試飲部屋とかがありますが、その先駆けだったような気がします。当時のオーナーだったラファエルロセッティ氏がリーデルグラス以外で試飲するのを嫌っていたので、試飲部屋には圧巻のコレクションでした。

20年前はヴァニラヴァニラだった記憶がございますが、あれから20年経ったのでヴァニラ香とベリー系の果実味と程良い酸が楽しめるワインだと思います。

20年前もグラス2000円で販売しましたが今回も同じ2000円で販売したいと思います。

Il 2000 Vino da Tavola / Capannelle

1月9日(木曜日)から13日(月曜日)までの5日間

土日祝日はランチタイムも可能です

今回のマグナムワインも今後登場する事はない予定です。有り難いことに最近はご予約で売り切れておりますので、是非このご機会にご都合が合いましたら、ご予約頂けたらと思います。

カテゴリー: ワインの話


あけましておめでとうございます

2020年も宜しくお願い致します

このブログが宙ぶらりんになってるので、今年はまめに更新したいと思っております

Instagramもやっているのですが、どうもキラキラし過ぎてて私向きではないなと思っておりますが、新着ワイン情報はInstagramをご覧ください

Twitterは楽しくまめに更新しております。おもに食材や料理などを呟いております

Facebookはなんにもやっておりません

このブログだけのカラーで何か書いていきたいと思います

今年も宜しくお願い致します

 

 

カテゴリー: ボッカからのご案内


Magnum会のお知らせ

今年最後のMagnum会のお知らせです。

前回のバルバレスコ1985/プルノットがかなり良かったです。古酒ワインと言えば養命酒香なイメージを一新さしてくれるエレガントな香りが店に充満しておりました。色々な意味で驚かれたお客様も多かったと思います。

今回は前回と同じピエモンテからバローロとなります。造り手はBrezzaピエモンテの中でも古い造り手で創業が1885年になります。今回のマグナムは彼らの畑でもグランクリュのBricco Sarmassaです。ピエモンテ方言のBriccoがついておりますのでSarmassa畑の一番標高の高いネッビオーロだけで造られております。Briccoの付いていないSarmassaも造られておりますので、造り手のこだわりだと思います。

Brezzaの特徴は飲み疲れしない綺麗なバローロだと思います。全て大樽で熟成されており、このBricco SarmassaもSlavoniaの大樽で30ケ月熟成です。マグナムボトルは600本の生産でアルコール度数が14.5%色調は少し濃いような感じです。ピエモンテも1997年は当たり年です。

12月22日(日曜日)から26日(木曜日)までの5日間

Barolo Bricco Sarmassa 1997/ Brezza  1杯2000円

22日はランチも可能です

今回のマグナムワインも今後登場予定の無いワインです。有難い事に最近はご予約で売り切れておりますので、是非このご機会にご都合が合えば宜しくお願い致します。お取り置きのご連絡だけ頂けたら助かります。

カテゴリー: ワインの話


10月から

消費税が10%になる10月より、ランチを少し変えたいと思います。

現在(9月)、【ローマ食堂】としてランチ営業しております。
3パターンのコースで、前菜、プリモ、セコンドの中から2品選んで頂き、どのコースにもドルチェが付いて2160円となっております。

しかし、ドルチェが要らないお客様もおられますので、
10月からは、ドルチェ無しの場合 2000円(税込み)、
今まで通り、ドルチェ付きですと 2200円(税込み) とさせていただきます。

そして、ご要望の多かったアラカルトメニューでのご注文も対応したいと思います。

なにぶん少人数での営業ですので、お料理の提供に少々お時間・ご不便をお掛けすることがございます。
イタリア式にお一人様ずつのご提供の場合は、お時間を頂く場合がございますので、ご了承ください。
お料理は、お連れ様と取り分けしてお楽しみ頂けると、助かります。

ランチ時に、生ハムとグラスワイン(Magnum会の時はマグナムワイン)でも10月から可能です。
パスタ料理とワイン、または、がっつりセコンドとワインなど様々なシチュエーションでお使いください。
昼からワインなんか要らんわと言うお客様も大、大歓迎です。

そして、ランチのラストオーダーについてです。
現在は13時30分と、少し早い設定にしております。
実はランチ後に、自転車で魚屋に仕入れに行く関係で少し早くしております。
しかし、魚屋が営業していない日曜日と祝日は、ラストオーダーを14時まで延ばして営業させて頂こうと思います。
ぜひ、遅めのランチでもご利用くださいませ。

一方、ディナータイムは今まで通りの感じで、何卒宜しくお願い致します。
皆様のご来店をお待ちいたしております!

 

カテゴリー: ボッカからのご案内