ブログ ― 新着記事

ボッカ デル ヴィーノからのご案内

《住所》〒600-8012
京都市下京区木屋町団栗橋下る斎藤町138-9 赤煉瓦造りの建物1階

《ご予約について》
ランチは、前日22時までにご予約ください。2名様からでお願いします。
ディナーは、当日のご来店前でも結構ですので、お席のご予約をお願い致します。

《お持ち帰り料理》のご予約も、随時承っております。

TEL: 075-585-8267
(営業時間外でも、お気軽にお問い合わせ下さい)
メール、LINEでもご予約承っております。
MAIL: boccadelvino@gmail.com友だち追加数

《営業時間》
ランチ  12:00~13:30 ラストオーダー
ディナー 18:00~

《店休日》 不定休です

《Magnumワインを気軽にグラスで愉しもう!》
Magnumワインにご興味ある方は、上部のメルマガ会員登録をクリックしてください。
(メルマガ受信の際、受信様の端末側でinfo@bocca-del-vino.comを必ず受信する設定をお願いします。)

カテゴリー: bocca del vino からのご案内


プッタネスカと呼ばれるパスタ。ご存知の通り娼婦風パスタ。何故娼婦風なのかは色々な説がありますが、私が好きな説が黒オリーブが娼婦が履いてる黒のパンストに見えるという説です。教えて貰ったイタリア人にほんとか?と聞いたのですが、いつもふざけてるのに真顔で話てたので今だに信じております。

ジロール茸のタリアテッレ

カテゴリー: 料理


マグナム会のお知らせ

今回も先月に引き続きボルドーブレンドのイタリアワインです。地域がトレンティーノです。よくトレンティーノ・アルトアディジェと一緒にされる事が多いですが、ワインシーンにおいては別々に別れます。どちらかと言えば、アルトアディジェの方が高品質のワインが造られているイメージですが、今回の造り手はスプマンテのフェラーリと同じくらいトレンティーノを代表する造り手です。

San Leonardoという造り手のSan Leonardoという名前のワインです。カベルネソーヴィニョン60%、カベルネフラン30%、メルロー10%のセパージュでヴィンテージが1995年になります。

オーナーがサッシカイアを醸すインチーザロケッタ侯爵の親類という事もあり、若くしてテヌータ サングイドで働き、地元に帰り世代交代しました。エノロゴにジャコモタキスを向かい入れ、トスカーナ州とは一線を画したワインを造りあげました。良年のみに醸されるSan Leonardoですが、大樽で6ケ月さらにバリックで24ケ月の熟成、8ケ月の瓶熟後リリースされます。トスカーナの向かってくる感じではなくて、非常に繊細な感じでエレガントな仕上がりとなっております。

是非このご機会にご試飲ください
San Leonardo 1995 / San Leonardo
10月26日(金曜日)から30日(火曜日)までの5日間でお好きな日
1杯¥1800
お電話でもメールでもLINEでも結構ですので、取り置きのご連絡お願いいたします。
宜しくお願いいたします。

カテゴリー: ワインの話


昨日また自転車で派手に転けてしまいました。今回は地球にパンチしてからの顔でしたので、軽く殴られたくらいの傷で済みました。日々老いを感じ、身体を大事にしようと思います。

赤身にこだわり青森八甲田で育った放牧短角牛”北の里自然牛”

屠畜が極端に少ないので、市場に出回らなく現地から直送されます。

赤べこと呼ばれる赤身にこだわった牛肉です。和牛の脂は白いですが、短角牛の脂は黄色いという特徴がございます。これは放牧によってカロチンを含む青草をしっかりと食べているという証拠です。

10月25日入荷予定しております。最近牛肉を扱ってなかったので、牛好きなお客様ご予約お待ちしております。

ジビエは蝦夷鹿をボチボチ取り扱うか悩んでおります。猪は11月です。野鳥の鴨も11月で予定しております。

熟成した赤ワインが美味しくなる季節になりました。

 

カテゴリー: 食材の話


Degustazione

お任せメニューのご紹介です。今回は貝類を多くというリクエストでのメニュー構成になっております。前日までに言って頂けるとそれなりにアレンジ出来ます。当日でも大丈夫なのですが、野菜とお肉料理の方が多くなると思います。今回は12000円のお任せお料理ですが、8000円から承っております。

なるべくズッパを入れるようにしております。今回は目板鰈でお作りしております。

目板鰈のズッパ

昆布森のセルガキ、是非牡蠣好きなお客様に召し上がって頂きたいですが、期間が短めですのでお早めにご予約ください。牡蠣はご希望のお客様だけにお出ししております。殻ごとヴァポーレしてベルモット風味の野菜ソース

北海道の大羽イワシのマリネと明石の雌タコとシチリア産グリーンオリーブ

天然舞茸と愛知産鯊のフリット

鮑と肝リゾット

伝助穴子の炭火焼

兎のクルクル巻き

ロゼール産仔羊スペアリブ

渡り蟹

ドルチェ

カテゴリー: 料理


Vini

10月なのに暑いです。また台風ですがこの連休は休まず営業しております。ランチも営業しております。

Chardonnay Collezinone Privata 2013 / Isole e Olena

Brunello di Montalcino 1990 / Il Poggione

Dromos 2004 / Poggio Verrano

Barbaresco Vanotu 1979 / Pelissero

Concerto 1993 / Caetello di Fonterutoli

Soave La Rocca 2008 / Pieropan

Brunello di Montalcino 2011 / Pian dell’Orino

カテゴリー: ワインの話


天然舞茸入荷しました

この大きさになるまでどれくらいかかるのだろう

今週のフレッシュポルチーニ茸入荷ございませんので、是非お勧めの舞茸食べにお越しください

カテゴリー: 食材の話


映画の逃亡者は好きなのですが、、、次回の逃走中はしまなみ海道かな?ただ見近島はかなりお勧めなところです。

モンテビアンコ

ローマ子が大好きなドルチェのマリトッツォ。見たままのお味でございます。

カテゴリー: 料理


ご予約制で始めさせて頂いておりますローマ愛たっぷりのランチ営業は、ご好評頂いておると自負しております。
お腹いっぱいになれると思いますので、お腹空かしてご来店ください。
ディナーメニューの仕込みと異なりますので、ご予約制にさせて頂いておりますが、当日お席余裕がございましたら全然ご案内しております。
土日はご予約頂ける日が多いので、これからは営業しようかと思っております。

ディナーですが、コース料理にしようかと思ったのですが、やはりコース料理は無理と判断しました。今まで通りアラカルト料理でご利用ください。もちろん今迄お任せでご注文頂いてるお客様もお任せメニューで対応させて頂きます。
今まで通りのアラカルトなのですが、メニューが少し多いかなと思いますので、今というより今日食べて頂きたい料理だけに絞る予定です。今迄のグランドメニュー的なメニューも材料があればいつでも出来ますのでじゃんじゃんご注文ください。

入口のドアには、ご予約制の張り紙をしておりますが、フリーでご来店頂いても大歓迎です。じゃあ何でそんな偉そうな感じの張り紙をさせて頂いているかと申しますと、入り口も同じ建物の右側に有り、店名も横文字でお互い英語では無く、2階のバーとの違いが大変ややこしくなっている構造上間違われて当店にご入店されるバーのお客様がたくさんいらっしゃいます。
間違ってご入店されても全然説明させて頂くのですが、何も言わずにドアを開閉されるお客様も多くいらっしゃいます。座ってから何も言わずに席を立たれるお客様もいらっしゃいます。

そういう事もあり、オープン当初はフリーのお客様には、最初にイタリア料理店とお告げさせて頂きお食事されるか確認してからのご案内という、あまり感じの良い対応ではなかったと思います。フリーでご来店される9割ぐらいのお客様が間違ってご入店という感じでしたので、気持ち良くお迎えしたいと思いから生意気な感じで申し訳ございませんが、予約制という張り紙をさせて頂きました。

店名も一層の事、日本語に変更しようかと悩んでおります。わかりやすく野宮食堂とかイタメシ野宮みたいな感じです。
ランチは入り口に大きく『ローマ食堂 本日営業しております』と張り紙しております。 ローマ弁で一番好きだった言葉annamoも添えて書かせて頂いております。

ジビエは11月からになります。フレッシュポルチーニ茸は10月も入荷予定です。天然舞茸はまだ入荷待ちです。

年末年始のお料理も今年も気合入れてやりますので、是非ご検討ください。

カテゴリー: ボッカからのご案内


9月23日(日曜日)からローマ料理だけのランチ営業開始致します。

ローマ料理は日本でも古くからご紹介されてきましたので、ご存知の料理が多いと思います。あまりローマで前菜を食べた記憶がないので、メニューはプリフィクスでプリモとセコンドとドルチェでそれぞれ選んで頂けます。セコンドには何かしらのコントルノをお付け致します。お値段は2000円となります。

ワインも白赤共にローマワインだけになります。

営業時間が12時から13時30分ラストオーダーになります。

ランチ営業をするにあたって少しお願いがございます。

前日までのご予約制とさせて頂きます。前日の22時までに、お電話でご予約頂けたら助かります。メールとLINEは気付かない場合がございますので、お電話が確実だと思われます。仕入れなどの影響でお休み頂く場合もございます。

ランチタイムは『2名様からのご利用』でお願い致します。
アラカルト料理はございません。お肉料理が中心になりますので、セコンドでお魚料理ご希望などはご予約の時におっしゃって頂けると対応できます。
市場の休業日などの関係で、対応出来ない場合もございます。

ランチタイムはクレジットカードはご使用はご遠慮いただいております。

私が食べたい、作りたい料理だけです。

相変わらずわがままなお店ですが、宜しくお願い致します。

カテゴリー: ボッカからのご案内


ほーいいじゃないかこういうのでいいんだよこういうので by井之頭五郎

カテゴリー: 料理